サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

キャシュフローゲームでしか体験できない金持ち父さんになるための教育とは?

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

キャッシュフローゲームを通して気づくべき事とは?

私は今までに、キャッシュフローゲームを1000回以上やってきました。数多くキャッシュフローゲームを経験してきた中で、ある重要なことに気づきました。

それは、キャッシュフローゲームでしか体験できない、右クワドラントを目指す人ならが必要な教育です。今回は、キャッシュフローゲームでしか体験できない金持ち父さんを目指す人のための重要な教育についてお話します。

私は、以前はサラリーマンつまりEクワドラントとして十数年働いていました。Eクワドラントに数十年もいると、左側クワドラントの人たちが身に付けてしまっている考え方やマインドが無意識にしみついてしまいます。

Eクワドラントの人たちの考え方・テーマは何だったでしょうか?

Eクワドラントの人たちのテーマは、「安定」や「安心」です。

安定を目指して一所懸命に働きます。保障がなければ思いきった行動ができません。リスクがある事に挑戦することができません。これはEクワドラントの人たちのテーマであって宿命です。しかたがありません。

「安心」や「安定」をテーマに持ってはいけないと言っているわけではありません。問題は、もし、左側のクワドラントから右側のクワドラントへ目指す場合には、邪魔になる考え方ということなのです。

私たちはすでに、右側のクワドラントになるためには何をすればいいのかはわかっています。お金持ちになるには、どのような考え方を持って行動すればいいのかをすでに知っています。

なぜなら、30冊も以上も出版されている「金持ち父さん」シリーズを数冊も読めば、本の中にお金持ちになるにはどうしたらいいのか?金持ち父さんの教えが詳しく書いてあるからです。

私たちは、お金持ちになるにはどうしたら良いのかは分かっています。しかし、実際にお金持ちになれる人は一握りの人です。

なぜでしょうか?

これには、いくつかの理由はあります。1つは、左側のクワドラントでの生活が長過ぎるために、左側のクワドラントの生活が当たり前になっているのです。

左側のクワドラントの人と右側のクワドラントに人では、マインドが違います。使っている言葉も違います。

右側のクワドラントに行くには、マインドを右側のクワドラントの人のマインドに変え なければなりません。言葉も、右側のクワドラントの人が使っている言葉に変えなくてはなりません。

でも、それがなかなかできないのです。それは左側クワドラントでの生活が長いために、安定は安心などのEクワドラントのマインドがすでに染み付いているからです。

では、どうすればいいのか?

左クワドラントと右クワドラントのマインドの違いとは?

マインドは心構えです。自分が信じている考え方です。そのマインドを変えるには、それなりの期間や強力なきっかけが必要です。

マインドを変えるのに手っ取り早い方法は、体験することです。体験を通してマインドを変えるのです。

右側のクワドラントの人たちが身に付けているマインドを疑似体験して、それに気づいて、だんだんマインドを変えていくのです。「あっ、そういう現実もあるんだ」と言うふうに気づきます。

右側のクワドラントに行くのに必要なマインドの中に、長期的な視点でものごとを捉えるというのがあります。短期的な視点で物事を見るのではなくて、長期的な視点で見て得られるものにフォーカスできるかどうかです。

短期的な利益ではなくて長期的な利益です。わかり易く言うと、将来に質の高い物を得るために、いま欲しいものを我慢できるかどうか?

右側のクワドラントの人はこれができます。左側のクワドラントの人はこれができません。だから、給料ばかり手に入れてしまって、資産を手に入れることができないのです。

例えば、いま働いている会社から頂いている給料が2年間支払われなかったらどうしますか?怒りますよね?生活もできないですし。おそらく会社を辞めて他の働き仕事を探します。

右側のクワドラントでビジネスをすると、何年も給料が支払われないというような状況があります。最悪は、1度も報酬を受け取らずにビジネスを撤退しなければならないこともあるのです。実際に私は何度かありました。

これは、左側クワドラントと右クワドラントのマインドの違いの1つの例です。この時の心理の違いは、キャッシュフローゲームで疑似体験することができます。

さらに、キャッシュフローゲームで体験するべきマインドについてお話します。

キャッシュフローゲームで体験するべき疑似体験とは?

キャッシュフローゲームをやるとわかりますが、ゲームをスタートしてから1時間くらい過ぎてもなかなか手持ちの現金が増ません。現金が増えないので、思うように資産が買えずに不労所得が得られません。

「本当にこのペースでラットレースが脱出できるのだろうか?」と不安になることがあります。

例えば、キャッシュフローゲームのプレイ時間を2時間とします。スタートしてから1時間30分ぐらいまでは、「本当にラットレースを脱出することができるのだろうか」というような不安の状態が続きます。

ところが、1時間30分が過ぎたぐらいに、唯一持っていた不動産が高額で売れたりします。すると、高額の現金が手元に入ってきます。

「あれ、少し流れが変わってきたかな」

数万ドルの現金が手に入ったので、次回のオプチュニティはビックディールをひきます。すると、不労所得の金額が多いビジネスが購入できました。いっきに不労所得が増えます。

さらに、次回のオプチュニティでもビックディールをひいて、またビジネスを購入して不労所得をさらに増やしてラットレースを抜けることができました。

ゲームをスタートしてから4分の3くらいまでは、「本当のラットレースを脱出できるのか?」と不安だったのが嘘のよう、一揆にラットレースを脱出してしまいました。

この時の感情の移り変わりを想像できるでしょうか?

手持ちの現金も、自分自身の感情も、お金持ちになれる度合いの全てが、右肩上がりの二次曲線を描きます。ここでのポイントは、比例して上がりません。曲線を描いて上がります。

実は、このように二次曲線を描いて加速度的に上がるのは、現実とまったく同じです。ビジネスを立ち上げても、しばらくは利益が得られない。

この、普通では体験できない感覚を、キャッシュフローゲームで疑似体験できます。現実でもビジネスや投資で体験することはできますが、最初から現実でトライして失敗したら大変です。場合によっては立ち直れないかもしれません。

まずは、キャッシュフローゲームで何度も疑似体験してこの感覚を身に付けることが、キャッシュフローゲームにしかできない貴重な体験学習なのです。

あなたも、キャッシュフローゲームでプレイするときは、意識してみてください。

まとめ

・キャッシュフローゲームを通して気づくべきことは、右側のクワドラントのマインド。
・左クワドラントと右クワドラントのマインドの違いは、長期的視点で物事を見れるかどうか。
・キャッシュフローゲームで体験するべきことは、お金持ちを目指す時に収入や心理状態は比例しない。
・キャッシュフローゲームで右側クワドラントへの移行する状態を疑似体験できる。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2018 All Rights Reserved.