サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

アジア4ヵ国5都市を巡る旅(10日目&11日目)台北で台湾式シャンプーを満喫!ソウルの絶品ハンバーガートースト

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

旅も10日目です。この日は台北からソウルに移動します。

ストップオーバーとトランジットを駆使して満喫する方法の記事でも詳しく書きましたが、この旅行で台北とソウルは1泊しかしません。トランジットつまり乗り継ぎだからです。

乗り継ぎの場合は、その国の滞在が24時間以内と決められています。24時間以内であれば、空港の外に出ても構いません。ホテルに1泊してもOKなのです。そのようにして旅程を組んでいます。

台北もソウルもだいたい23時間くらいの滞在時間となります。ギリギリですが、ルール的にもOKです。23時間で1泊すれば、充分な観光はできませんがお土産や食事はできます。

台北のスターバックスコーヒー

朝起きてから、日課のスタバにコーヒーを飲みに行きます。スタバは世界中のどこにでもあるので便利です。

スマホのグーグルマップを開いて、スタバと入力します。すると近くのスタバの位置を表示してくれます。これまた便利です。グーグルマップによれば、歩いて10分くらいのところにスタバがあると表示されました。

さっそくスタバに向かいます。

こちらは台北のスタバのメニューです。

いつものように普通のコーヒーのホットで一番小さいのを注文します。BREWED COFFEEのトールですね。これがあると安心します。日本のドリップコーヒーのことです。

他の国のスタバで「コーヒー下さい」と注文すると、お湯で薄めたアメリカンコーヒーが提供されることがあります。コクがなくまるでお湯です。その時は本当にがっかりします。

金額は85台湾ドルですので、日本円にして約291円です。日本よりは若干安い料金設定です。

台北でおすすめの台湾式シャンプー 小林髪廊 欣怡店

一旦ホテルの部屋に戻ってから、その後また台湾シャンプーを受けに行きます。

この日の台湾式シャンプーも小林髪廊です。店舗は前日と違う欣怡店です。こちらの店舗は、滞在ホテルから歩いて5分くらいのところにあります。予め調べておきました。

行ってみるとまさかの9時30分オープンとのこと。しかたがないので30分時間をつぶします。

開店時間になったので、お店に入ります。

さっそく台湾式シャンプーをやってもらいました。料金は288台湾ドルです。日本円にすると約988円です。やはり煤年前と違って少し値上がりしているようです。

今回担当してくれたのはこの女性スタッフです。指圧のチカラは強かったのですが、後頭部をガシガシしてくれなかったのが残念でした。あのガシガシが気持ち良いんです。

そして、定番の角?の形は、これでもかと言うくらいの色々なバリエーションをやってくれました。その都度スマホで写真を撮りましたが、時間ないので もう良いよって感じでした(笑)

台北市内から桃園空港へ移動

台北市内から桃園空港へ移動します。友人が車で送ってくれました。なんとありがたいです。感謝です。

がしかし、その様子の写真を撮っていません。

台北からソウルへは、タイ航空です。その様子は、ラウンジも含めて他の記事に書いていきます。なので以下から

いきなりソウルになります。

ソウル明洞ミョンドンでおすすめホテルホテル スカイパーク ミョンドン I (Hotel Skypark Myeongdong I)

ソウルに到着しました。今回宿泊するホテルはこちらホテル スカイパーク ミョンドン I (Hotel Skypark Myeongdong I)です。

明洞駅の近くにありますのでとても立地がよいホテルです。明洞駅付近にはホテル スカイパーク ミョンドンが3店ありましてその中の1に泊りました。

ソウルのホテルは高いのですが、このホテル スカイパーク ミョンドンは安くてわりとキレイで立地が良いので使いやすいホテルだと思います。

ソウルの明洞で両替

ウォンをあまり持っていなかったので、日本円をウォンに両替します。

明洞の待ち中には、たくさんの両替所があります。数店見たなかでわりとレートのよいお店を見つけました。日本円が1010となっています。

ソウルには1泊だけなので、5000円だけ両替しました。手数料が無いとのことなので、50500ウォンになりました。

ソウルのスターバックスコーヒー

ここから11日目に入ります。朝は毎日スタバでコーヒーを飲みます。この日もスタバに向かいます。

前回ソウルに泊った時にも、同じ地区のホテルに泊っていますので、どこにスタバがあるのかは分かっています。今回滞在したホテルからも近くて徒歩3分くらいのところにあります。

このスタバは広くてキレイな店内です。

さっそくいつものコーヒーを注文します。店内利用でペーパーカップでお願いしますと伝えると、ノーと断わられました。

店内利用ですとマグカップでの提供というふうに決まっているようです。法律でしょうか?韓国は厳しいですね。そのうち日本でもそうなっていくのかもしれません。

ソウルでお土産は劇旨いイカキムチ瑞源

前回ソウルに行った時に買いそびれた、イカキムチをお土産に買います。

イカキムチも事前にどこが美味しいかをネットで調べました。そうすると、お粥屋さんのイカキムチがお土産用として売られていてそれがとても美味しいとのこと。

お店は、瑞源と多味粥がかなり美味しいと評判です。瑞源がホテルから近いので向かいました。歩いて5分くらいのところにあります。

朝ごはんにこちらのお店でお粥を食べようかとも思いましたが、お粥の気分ではなかったのでイカキムチだけ買わせていただきました。お客さんは数名いましたがみなさん日本人の方でした。

お土産用にイカキムチを1つ購入しました。内容量は850グラムで金額は27000ウォンです。日本円にして約2469円です。ネットの情報では、30000ウォンでしたが少し安くなっています。

このイカキムチは量も多くて、味はかなり美味しいので絶対にオススメです。ぜひまたリピートしたいです。

ホテルに戻る途中に屋台を発見しました。ハンバーガートーストの屋台です。

中をのぞいてみると、おばちゃんがいくつかまとめて作っています。数名のお客さんができあがるのを待っていました。日本人の観光客です。

4、5名もお客さんが並んでいたので「これはひょっとして美味しいのも」と思い、買うことにしました。ほとんどの人が注文していた全部入りを注文しました。

トーストの中には、卵焼きハムとキャベツがこれでもかというくらいたっぷり入っています。値段は3500ウォンです。日本円にして約320円です。ちょっと高いですが、できたての熱々で美味しかったです。かなりのボリュームのありました。味付けが少し甘めで韓国らしい味わいでした。

と言うことで、1人旅の最終日11日目ソウルから東京に戻ります。

台北とソウルの滞在はそれぞれトランジットでしたので、24時間以内の滞在でした。24時間以内でごれだけ楽しめるか?がテーマだっのたですが、お土産を買うことや台湾式シャンプー、食事など予定していたことのほとんどがこなせたのでよかったです。

次の記事では、台北からソウルのビジネスクラス搭乗記と、ソウルから東京までのビジネスクラス搭乗記を書いていきます。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.