サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

アジア4ヵ国5都市を巡る11日間の旅 2日目 ベトナム ハノイでハロン湾と絶品シーフードを満喫

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

アジア4ヵ国5都市を巡る10泊11日間の1人旅も 2日目です。この日はベトナムの ハノイからハロン湾のツアーに参加します。ハロン湾ツアーには、シーフードランチが付いています。今回の旅の目的でもある、世界遺産のハロン湾を観光します。

ハノイのハノイ ブリリアント ホテル アンド スパ (Hanoi Brilliant Hotel and Spa)の評判の良い朝食ビュッフェ

まずは朝食です。ベトナムのホテルは、なぜかどのホテルも朝食が付いています。1泊5000円くらいなのに朝食が付いているってお得ですよね。アゴダなどで評判のホテルの朝食です。楽しみにしながら朝食会場に向かいました。

ホテルの会場となるレストランは最上階にあります。1つ手前のフロアまでエレベーターで上がることができます。そこから最上階までは階段で登ります。

階段の途中の窓から外の様子が見えました。今にも雨が降り出しそうなくもり空です。そもそも、ハノイとハロン湾の天気予報では雨でした。かろうじて雨が降っていないのはラッキーと言えます。

ホテルの朝食会場に到着しました。

ホテルそのものが小さいので朝食の会場となるレストランもこじんまりとしています。

朝食はビュッフェ形式となっていますが、メニューが置いてあって個別にオーダーもできます。他のお客さんを見ていると、フォーやサンドイッチを注文しているようでした。僕もフォーとサンドイッチを注文しました。

ビュッフェとしておいてある料理や食べ物はそれほど種類はありません。僕は果物を少しいただきました。

このフォーがわりと美味しかったです。スープがあっさり味で出汁が効いていて、麺の量が少なめで食べやすかったです。サンドイッチは普通の味でした。パンの焼き加減がカリカリで口の中がケガをしそうでした(笑)

朝食を食べてから、日本でも海外でも日課となっているスタバに向かいます。前日のホテル周辺の散策の時にスターバックスの場所と営業時間は確認しておきました。

スタバに行った後に、直接ハロン湾ツアーの待ち合わせ場所に向かえるように準備をしてホテルを出ました。

ベトナム ハノイ市内のスターバックス

ベトナムと言えばコーヒーが美味しいのですが、リサーチ不足でした。朝のコーヒーはスタバと決めていましたので。とりあえずスタバに向かいました。

注文するのはいつものドリップコーヒーです。

日本では普通のブラックコーヒーのホットはドリップコーヒーと言います。店内のメニューにもそう書いてあります。しかし、海外でドリップコーヒーと言っても通用しません。

「ホットコーヒー」と言って注文すると、ごく薄のアメリカンコーヒーを出されます。そして、僕が欲しいいつもの濃いドリップコーヒーは国によって呼び方が違います。これは全世界で統一して欲しいものです。

それと、各国によって違うのがWi-Fiです。ベトナムのスタバの場合は、ドリンクやフードを購入するとレシートと一緒にWi-Fiのパスワードが記載されている紙をくれます。そのコード(数字)を入力してWi-Fiにつなげます。

スタバでコーヒーを飲んでから、ハロン湾ツアーの待ち合わせ場所に向かいました。途中に、ホアンキエム湖も通ります。

世界遺産ハロン湾日帰りクルーズ 高速道路利用で朝はゆっくり出発 人気の「ニャーハンゴン」ディナー付きプランあり<現地ガイド(日本語可)/名物シーフード昼食付き

ハロン湾ツアーの待ち合わせ場所、メリアハノイホテルです。5つ星の高級ホテルです。

ハロン湾ツアーのバスが到着したので乗り込みます。

もう一か所のピックアップ場所を経由してからハロン湾に向かいます。ツアー参加者は全て日本人です。参加者は全部で16名です。

参加者の方たちは2人組みが多いです。1人での参加なんで僕だけかと思っていたら、意外にも男性の1人参加が4人もいました(笑)

ハロン湾ツアーの船が出る港まで3時間もかかります。以前は高速道路がなったようでかなり時間がかかったようです。今は高速道路があるので片道2時間だそうです。

てっきり往復とも高速道路利用かと思っていたのですが、行きは下道でした。帰りは高速道路利用です。オプショナルツアーの開催会社によって、高速道路を利用するかどうかは違うようです。

片道3時間と長い道のりだったのですが、実は日本語がとても上手なガイドさんの話が面白くてあっという間に到着してしまいました。

このツアーガイドさんの話がとにかく面白いんです!ベトナムの歴史をわかりやすく30分。ベトナムの経済について面白く30分。ベトナムのその他について30分とトークが抜群で飽きさません。

話しによると、日本のテレビに1年に1回は出演しているそうです。どうりで面白いはずです。

もし、ハロン湾のオプショナルツアーを検討しているのであれば、このガイドさんのツアーをお勧めします。本当に面白いです。

海外オプショナルツアー検索予約サイトのベルトラで、ハロン湾日帰りツアーでたいていは1位のツアーです。

ツアーのタイトルは、「世界遺産ハロン湾日帰りクルーズ 高速道路利用で朝はゆっくり出発 人気の「ニャーハンゴン」ディナー付きプランあり<現地ガイド(日本語可)/名物シーフード昼食付き」です。

途中でトイレ休憩のためによったのが巨大なお土産屋さん。このお土産やさんはかなり巨大で敷地内に建物が3つに分かれています。日本人と欧米人用、中国人用、韓国人用の3つに分かれているそうです。言葉の都合かと思います。

お土産屋さんを後にして、ハロン湾に向かいます。ガイドさんが自腹でオヤツを買ってくれました。ベトナムで古くからある、きな粉のお菓子だそうです。素朴な味でした。

バスに乗ること3時間。ようやくハロン湾に到着しました。ビデオを撮影していたために船に乗り込む写真がありません。残念です。

ハロン湾クルーズをするためのチケット売り場です。ガイドさんがまとめて購入してくれます。しかしもの凄い数の人がいます。中国人観光客の方たちが多かったと思います。

世界遺産ハロン湾日帰りクルーズ 絶品シーフードランチ

ハロン湾クルーズのための船に乗り込むとすぐにランチです。

テーブルは、僕を含めて男性1人参加が4人いたので、その4人で1つのテーブルに座りました。お互いに、1人参加なのでなごみながらお話しました。

飲み物はビールを注文しました。すると、次から次へとシーフード料理が運ばれてきました。

これらのシーフード料理が美味しかったです。エビの殻はその場でむいてくれます。良いですね。

揚げ春巻きも美味しかったですし、蟹の肉詰めのような料理も美味しかったです。ビールがすすみます。333ビールを2本も飲んでしまいました。

食事が終わって、船の周りを見てみると同じようにハロン湾クルーズを目指して進んでいる船がたくさんいました。だんだんとハロン湾の中心に近付いてきます。

ハロン湾は、このような奇妙な形の岩が次から次へと現れてかなりの迫力でした。さすがに世界遺産です。ハノイ市内から遠距離でしたが参加してよかったと実感しました。

それからハロン湾内の観光スポットである鍾乳洞に到着しました。一旦、船から降りて鍾乳洞の洞窟を散策します。

鍾乳洞を散策してから港に戻りました。ハノイ市内への帰り道は高速道路を利用して約2時間でした。

ハロン湾日帰りツアーは充実した内容のオプショナルツアーでした。このツアーはおすすめです。ハロン湾ツアーには、1泊、2泊するようなツアーもあります。次回もし機会がありましたらそのような宿泊するツアーに参加してみたいと思います。

夜もキレイなホアンキエム湖の夜景

ハノイ市内に戻りました。すっかり外は暗くなっています。

夜のホアンキエム湖は、ライトアップされていてとてもキレイでした。

バスの長時間移動で体が疲れているのでマッサージを受けにいきます。ハノイ市内でしかも滞在ホテル近くで評判の良いマッサージ屋さんは事前に調べておいています。

この日に向かったマッサージ屋さんは、R&M Relaxation Massageと言います。ホテルから歩いて3分くらいの近い場所です。前日に受けたマッサージ屋さんの斜め向かいにあります。

R&M Relaxation Massageには、日本語のわかる男性スタッフ(経営者)がいますので安心です。しかし、予約が必要とのことでしたので、先にマッサージ屋さんに寄って予約を入れてから食事に行こうかと思います。

これが当たりです。案の定、マッサージ屋さんでは予約が必要で、今はいっぱいだから50分後に来てくれと言われました。ちょうどよいです。50分でサクッと食事をします。

ハノイ市内でボリュームたっぷり絶品B級グルメのブンチャ ダック・キム Dac Kim

ベトナムに行ったら絶タに食べると決めていたローカルB級グルメは、フォー、ブンチャ、バインミーの3つです。

これらのローカルフードで、一番人気で評判の良いお店に行って食べることが目的の1つでもあります。

この日の夜は、ブンチャで有名なお店に行くことにしました。本来は、オバマ元大統領が食べたことで有名なオバマブンチャと言うお店に行きたかったのですが、そのお店がホテルから離れている所にあったので、もう1つのブンチャで有名なお店にしました。

ダック・キム Dac Kimという名前のお店で、こちらはわりとホテルの近くにあります。ホテルから歩いて7分くらいのところにありました。

入店すると1階が混みあっていたので、2階を案内されました。すでにお客さんが3組いました。聞こえてくる言葉は日本語です。3組み中、2組は日本人のお客さんでした。日本人にも人気のお店です。

ブンチャとは、日本で言えばつけ麺です。肉が入った濃い目のつけダレにフォーと同じ米の麺やタップリの野菜を付けて食べます。僕の場合は、ビールのつまみにするので、麺はあまり食べませんでした。

そして、ブンチャと言えば、揚げ春巻きを一緒に注文して食べるのが普通とのこと。

店員さんに、メニューを見ながらブンチャと揚げ春巻きを指差して注文しました。すると、こっちにセットがあるでしょと促されました。ブンチャと揚げ春巻きのセットがありました。

提供されたブンチャと揚げ春巻きのセットがこの写真の通りです。噂とおりかなりのボリュームでした。

当然、僕は米の麺は味見程度でほぼ食べません。タップリの野菜も種類がわからず、様子を見ていると他のお客さんはガツガツ野菜も食べています。ローカルのお客さんは野菜をおかわりしていました。

野菜をよく見ると、一番下にあったのがレタスでした。レタスだけは全て食べました。

何と言っても、揚げ春巻きがなかなか美味しかったです。これは気に入りました。ビールのつまみにも合います。

ビールを2本飲んで、ブンチャと揚げ春巻きセットのお会計は、140,000ベトナムドンでした。日本円にすると約700円です。激安です。人気のお店になる理由がわかります。

ハノイで超おすすめの格安マッサージ その② R&M Relaxation Massage

マッサージ屋さんの予約時間が迫ってきましたので、マッサージ屋さんに戻ります。

こんな感じの個室でマッサージを受けました。

前日のマッサージ屋さんはチップを別に払いましたが、こちらのマッサージ屋さんは料金にチップが含まれています。メニューにも予めそのように書いてありました。日本人観光客向けの対応かと思われます。

ベトナムのマッサージの特徴は、フットマッサージなのに、肩、首、腕、背中もほぐしてくれます。これはいいですね。

こちらのマッサージ屋さんは、前日のマッサージ屋さんと比べてオイルが多めでした。担当してくれた施術者が女性だったのか、チカラ加減もソフトでした。

と言うことで、ベトナムハノイの2日目も長い1日になりました。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.