サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

金持ち父さん貧乏父さんの著者ロバート・キヨサキが倒産したって本当ですか?

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

今回はこのような質問がありましたので回答します。

「【自己破産】金持ち父さん貧乏父さんのロバート・キヨサキは自己破産しました。しかし、未だに彼の著書は売れ続けています。

自己破産後にこの書籍の印税はどこに行くのでしょう?出版社が全部貰えるのでしょうか。」

この質問に対する私の答えは以下の通りです。

ロバート・キヨサキは、自己破産していません。おそらく、彼が所有している一部の会社が倒産したことを言っているのでしょう。

一部の会社が倒産しただけなので、ロバート・キヨサキが出版している書籍が売れ続ける限り印税は彼本人または彼の他の会社に入るでしょう。

事情を詳しく調べてみると、2012年10月10日にロバート・キヨサキが経営する会社の1つの「リッチ・グローバル」が破産申請をしました。

これは、個人の資産を守るための計画倒産とうい見方が強く、一般的には教科書通りの対処法なのです。やっぱりという感じですね。

ロバート・キヨサキは、2400万ドルを負債として「踏み倒す」ために、リッチ・グローバルを「計画倒産」させて、自分が所有する他の会社「Rich Dad Co」(リッチ・ダッド)で引き続きおこなうということだそうです。

ロバート・キヨサキの個人資産の合計は、約8000万ドルと言われています。投資での収入があるほかに、セミナーなどでも活動していて、10社ほどの会社の経営もしています。

そして、ほとんどのビジネスはリッチ・ダッドを通じておこなわれていて、リッチ・グローバルが倒産しても問題ない状況のようです。

今回の質問に対する私の答えは以上です。

あなたも、不労所得・ビジネス・投資に関しての質問がありましたら、何でもお気軽に質問してください。

質問は以下のページよりお願いします。
匿名やニックネームでも質問することができます。

お問い合わせ

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.