サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

アジア4ヵ国5都市を巡る11日間の旅 7日目 タイ バンコクでB級グルメとマッサージを満喫 仕入れに挑戦

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

バンコクのアソークでスターバックスならエクスチェンジタワー店がおすすめ

日本でも海外でも毎朝7時にはスタバにいってドリップコーヒーを飲みます。

こちらバンコクでも滞在ホテル近くのスターバックスに行きます。

グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21から一番近いスタバをグーグルマップで調べます。しかしグーグルマップはどこに行くにも便利な地図アプリです。海外でも大活躍です。

グーグルマップのアプリで自分の居る場所を表示させてから、検索窓にスタバと入れて検索するだけ。それだけで近くのスタバを表示してくれます。

グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21から一番近いスタバは、エクスチェンジタワー内にある店舗です。グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21から大きな交差点を挟んではす向かいにあるビルの1階にあります。

グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21はBTSのアスーク駅から直結です。まずBTSアソーク駅を通ってそのままエクスチェンジタワーに向かいます。エクスチェンジタワーもアソーク駅から直結です。地上に降りることなくエクスチェンジタワーにアクセスできます。とても便利です。

スターバックスエクスチェンジタワー店の開店時間は、6時30分からでした。早い時間からオープンしているのはありがたいです。確か2年前にバンコクに来た時は、違うスタバが8時からだったと思います。変わったのか?でも便利になってよかったです。

グランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21のWi-Fiはスマホは繋がりましたが、パソコンが繋がりません。そこでパソコンを持ってスタバに向かいました。

ドリップコーヒーの一番ちいさいサイズトールを注文しました。海外スタバでホットコーヒーと注文すると極薄アメリカンを出してくる国があるので要注意です。こちらバンコクは大丈夫でした。

ドリップコーヒーの一番小さいサイズはトールサイズです。料金は105バーツで日本で約360円でした。ちょっと高いですね。海外スタバではほとんど一番小さいサイズはトールになります。ショートがあるのは、日本と韓国だけです。

さて、コーヒーを飲んで落ち着いたところでパソコンを開いてWi-Fiにつなげてみます。がしかし繋がりません。店員さんに聞いてみたら、リワードに登録しないとWi-Fiは使えないとのこと。

2年前にバンコクに来た時とルールが変わっていました。さすがにバンコクでリワードの登録するのはハードルが高過ぎません。残念ですが諦めます。

バンコク のアソーク駅近くで安くて激旨いタイ料理屋なら「sudaスダーレストラン」がおすすめ

コーヒーを飲んでから朝食を食べに行きます。予定していたお店は、やはりグランデ センター ポイント ホテル ターミナル 21近くのタイ料理レストランの「suda スダーレストラン」アソーク駅からの直ぐ近くなので言ってみました。がしかし、営業時間が11時からでした。朝食としては利用できません。残念です。

そして、今回バンコクに4泊しましたが残念ながら一度も行く機会がありませんでした。次回バンコクに行った時には必ず食べに行きます。何でもガパオライスが激旨いそうです。ガパオを食べながらシンハービールを飲むと決めています。

バンコクで仕入れのための市内の移動はBTSとMRTは格安で渋滞がなくおすすめ

そしてこの日は市場に仕入れに行きます。仕入れはタイ人のアテンドを予約しています。

先ほどのスダーレストランで朝食がとれなかったので、仕入れの待ち合わせ場所であるパラディウムに早めに移動してそこで朝食を食べることにします。

実は、パラディウム前には、安くて美味しいカオマンガイで有名お店「ピンクカオマンガイ」と「ミドリカオマンガイ」があります。すみません、お店の正式な名前は覚えていません。朝食はそのどちらかのカオマンガを食べることにしました。

BTSアソーク駅から電車に乗ってチットロム駅まで移動します。改札ではラビットカードをピッとするだけなので楽ちんです。ラビットカードにチャージしていなくて残ザ過不足だと行列の窓口に並ばなければなりません。いつみても行列です。

チットロム駅からパラディウムまでは歩きます。徒歩で15分くらです。

途中に巨大なショッピングセミターのビックCがあります。その向かいはセントラルワールドと伊勢丹があります。

チットロム駅からパラディウム方面までの徒歩は、途中まではスカイウォークのような遊歩道がありますので比較的歩きやすいです。

パラディウム付近に到着しました。まずは朝ごはんを食べます。

バンコクで激旨いローカルフードのカオマンガイを食べるならプラトゥナムの「クワンヘン」

ピンクカオマンガイに行こうと思っていたのですが、お店が移転したようです。張り紙が貼ってありました。移転先は近いのですがオープン時間が10時からと書いてあったので、ミドリカオマンガイで食べることにしました。

こちらがミドリカオマンガイのお店です。カオマンガイは50バーツです。日本円にして約172円です。

カオマンガイにスープが着いて200円しない。激安です。しかも、これが激ウマなのです。美味しすぎて次の日の朝も食べたくなります。

備え付けのタレを少しずつ付けながら食べるのが最高に美味しいのです。

お店を出る時にカオマンガイを作っている所を撮りました。

バンコクでシルバーや天然石を仕入れるならパラディウムの地下がおすすめ

バンコク仕入れの代行業者 桜トレードさんの事務所&店舗で仕入れの打ち合わせ

バンコクでアパレルを格安で仕入れられるボーベー市場までボートで移動

バンコクで商品を仕入れられる市場はいくつかあります。その中でもアパレルに特化した市場がボーベー市場です。

ウィークエンドマーケットで有名なチャトチャック市場には、仕入れのための業者さんもいますが観光客が多いです。それだけ有名で広大ですね。それと交通の便がとても良いので一般人でもアクセスしやすいのです。

逆にボーベー市場はアクセスしにくい場所に位置しています。必然的に観光客はほとんどいません。なので仕入れのための業者さんばかりです。卸価格も安いのです。

ボーベー市場がオープンしている時間帯は早朝から夕方前までです。市場によってオープンしている時間帯が違うのです。

今回、初めてボーベー市場に来ました。タイ人のアテンドを付けないととても来れません。この船に乗るシステムがわかりません。乗り込んで船が出発すると船の縁にづたいに係員の人が周って1人ずつ運賃を徴収しています。アテンドさんの言われるがままえにお金を支払いました。かなり安かったです。

ボーベー市場の中を1時間くらい周りました。商品の価格帯はだいたいわかりました。面白いと思ったのがオーダーできるTシャツです。小ロットからオーダーできるので、例えばおもしろTシャツをオリジナルデザインで数種類オーダーしてテスト販売してみるのも面白いと思いました。

今回は仕入れはしませんでした。次回来た時には本格的に仕入れをしたいと思います。

バンコクのアソーク駅近くでおすすめのホテル「ホテル クローバー アソーク バンコク (hotel clover asoke bangkok )」

ボーベー市場とパラディウムを視察して商品を少しだけ仕入れてから、アソークに戻ってきました。

時間はすでに14時を周っていたので、次なるホテルにチェックインします。今回の旅行でバンコクに4泊します。しかも4泊は全て別のホテルです。

「なんでそんな面倒なことするの?」と思われるかもしれませんが、試しに色々なホテルに泊ってみたかったのです。そうすれば、バンコクに仕入れに来る時に使いやすい定宿にできるホテルを見つけることができると思ったのです。

4つのホテルは全てアソーク駅近くです。6年前に不動産の視察でバンコクに来た時にもアソーク近くのホテルに泊ったことがありますので、今回で合計5つのホテルに泊ることになるのです。実際に泊ってみなければわからないことがありますのでそのあたりをレポートしていきたいと思います。

ホテル クローバー アソーク バンコク (hotel clover asoke bangkok )の室内の様子と設備

ホテル クローバー アソーク バンコク (hotel clover asoke bangkok )にチェックインしてから部屋に入ります。

アソーク駅から徒歩3分くらいと近くて便利です。エクスチェンジタワーの先にあります。

全体的に小さな造りの建物です。フロントや室内は改装されたばかりなのかとてもキレイでした。

料金は1泊8251円です。トラベルコで検索して一番安い予約サイトがtrip.comでしたのでそこで予約しました。trip.comで予約する場合は、ポイントサイトのハピタスを経由すると1.8%ポイントが付きます。

8251円の1.8%と言えば、約150円です。わずかですが、これを貯めてまとめてマイルに交換するとお得なのです。

こちらのホテルもミニバーに置いているドリンクとフードが無料です。ペットボトルの水が2本とお菓子が4つも置いてありました。ありがたくビールのお供にさせてもらいます。水は翌日の仕入れに持参します。

室内はというと、全体的にキレイで広いです。仕事用のデスクと椅子がありました。パソコンで調べたりするのでこれはありがたいです。

シャワーとトイレが独立していて使いやすいです。シャワーヘッドも手持ちタイプなので良かったです。たまに、天井に固定のシャワーがありますが、あれが使いにくいのです。お湯を出しても最初は冷たい水で徐々に暖かくなってきますが、最初の水をもろにかぶりますよね?

シャワーの勢いは普通です。温度は熱かったです。熱いぶんには下げられるので問題ありません。

ドライヤーを使ってみると、ある程度の時間使ったら止まりました。またしばらくすると動きました。

夜中に寝ている時に、隣の部屋の音がよく聞こえました。おそらく壁が薄いのだと思います。例えばシャワーの音やエアコンをオンにした時に「ピロリン」音などなどです。

バンコクのアソークの屋台のフードに初挑戦してみました

夕食は屋台フードに初挑戦しました。ちょうどホテル近くにフライドチキンの屋台がありましたので、そこで買ったみました。

まだ時間が早かったのかフライドチキンが山盛りありました。2つ違い種類のフライドチキンを買いました。1つ40バーツです。日本円にすると約140円。安くも高くもない。日本で売っているのと同じくらいの値段です。

フライドチキンを買った後に、近くのセブンイレブンでビールを買おうと店に入ったのですがビールが見当たらす。良く探すとアルコール売り場の冷蔵のだけスクリーンで閉ざされていました。

タイ語、英語を読んでみると、14時から17時まではアルコールの販売が禁止されているとのこと。残念です。仕方なくホテルの部屋に戻って調べてみます。やはりそうです。17時まではビールが買えないのです。そしてレジで時間がバレるらしくてきっちり17時を過ぎないと買えないとのことでした。

17時まであと1時間くらいあります。仕方がないのでホテルの部屋で、その後の予定を考えます。バンコクに来たのだから大好きなマッサージを毎日受ける。これも決めていました。

この日受けるマッサージ店を決めて予約しました。おかげさまで1時間を有効に使うことができました。

17時になったのでセブンイレブンに行ってビールを買います。前日はシンハービールを飲んだので、今回はチャンビールにしました。

それと、これもネットで調べたのですが、タイのセブンイレブンでオススメのお菓子&おつまみと言えばRAYホテトチップのホタテ味とのこと。探したのですが無かったのでRAYポテトチップのイカ焼き味にしました。

ホテルの部屋に戻ってようやくビールを飲みながらフラインドチキンを食べることができました。屋台のフライドチキンですが普通に美味しかったです。RAYのイカ焼き味もビールのつまみにピッタリです。ビールを2本飲んだところでそろそろ予約したマッサージの時間なので、部屋を出ました。

バンコクのアソークでおすすめのタイ古式マッサージ「ヘルス ランド スパ & マッサージ アソーク店 Health Land Spa & Massage 」

ヘルス ランド スパ & マッサージ アソーク店(Health Land Spa & Massage)はアソーク駅から徒歩10分くらいのところにあります。

マッサージ屋さんのイメージとはまったく違う大きな建物です。しかもゴージャスな感じになっています。

まずはフロントで料金を支払います。ホテルのようなフロントです。タイ古式マッサージが2時間で600バーツでした。日本円で約2000円です。1時間1000円は安いです。これでもバンコクでは高いほうだと言います。

今回は予約をしていなかったのですが、20分くらいしか待ちませんでした。それだけ規模が多いいのです。お客さんがどんどん入ってきます。そしてどんどん出ていきます。

担当の施術者は、おばちゃんでした。「ソフト、ミディアム、ハード?」と片言の英語で聞かれました。ついうっかりハードと答えてしまいます。日本人と違って、かなりパワプルで強過ぎました。途中で何度か弱くしてもらいました。

ということで、長い一日が終わりました。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.