サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

ビジネスクラス搭乗記 ハワイ編 企画

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

私がソラチカルートの存在を知ったのが2016年10月です。それから、陸マイラーとして再スタートしてからANAマイルを貯めてきました。

マイルを貯めてビジネスクラスで海外に行くなら、最初は絶対にハワイにしようと考えていました。そして、2017年4月にようやく貯めていたマイルが60000マイルを超えたので、ビジネスクラスでハワイに行って来ることにしました。

ビジネスクラスで行くハワイ5泊7日1人旅で最高の体験をするための企画

私の場合、仕事はセミリタイヤしているので、予定はありません。問題は、家族の理解を得ることです。家族の理解を得るのにあの手この手といろいろな方法を考えました。詳しくは後ほど詳しくお話します。

実際にハワイ旅行を決めたのは、出発の1週間前です。ANAの国際線の特典航空券の枠は、ビジネスクラスで2席です。特典航空券枠で購入できるビジネスクラス東京ハワイの往復航空券は1ヶ月先から数ヶ月先まで検索してみても、ほとんど空いていません。

ところが、1週間前から10日先の直前の日程ですと、ポッと空くことがあります。私は毎朝、空席状況をこまめにチェックしていたので分かりました。

これはおそらく直前になって席が空いていたためにANAが特典航空券の枠を広げたのか、もしくはキャンセルが出たかのどちらかでしょう。

実は、ANA成田発のホノルル行きでしたら、もう少し空席は多いです。しかし、私がどうしても乗りたかったのは、ANAの最新機体ボーイング787-9のビジネスクラスです。

787-9のビジネスクラスのシートは、フルフラットシートです。しかもシートの位置を互い違いに配置したスタッガードシート配列を採用している、ANAビジネススタッガードです。このシートに乗りたかったのです。

ANAビジネスクラスシート

何と言っても、どの席からでも直接通路に出ることができる、全席通路側スタイルなのです。このビジネスクラスのシートは、ANA羽田発のホノルル行きの機体に採用されています。羽田発だと、自宅から近いのも選んだ理由です。

私が実際にハワイ行きを決めたのは、2017年5月12日です。旅程は、往路が2017年5月19日の21時55分羽田発ホノルル行きのNH186便です。復路は、ホノルルを2017年5月24日12時35分に出発するホノルル発羽田行きNH185便です。

羽田発ホノルル着のビジネスクラス往復の特典航空券を購入するのに必要なマイル数は、ローシーズンの閑散期で60000マイル。レギュラーシーズンの通常期で65000マイル。ハイシーズンの繁盛記で68000マイルが必要です。

羽田ホノルル間の空席状況を検索して表示される必要マイル数は、上記のデータと若干違いました。5月は60000マイルでした。6月に入ると若干増えて62500マイル。7月は65000マイルでした。

私の場合は、5月なのでローシーズンの60000マイルかかりました。それにプラスして、燃油代の17,420円を支払います。それでもハワイまでビジネスクラスに乗れることを考えたら17,420円は破格です。

ちなみに、同じ時期にビジネスクラス往復の航空券を購入すると代金はいくらか調べてみました。私が特典航空券を購入したのは1週間前です。同じ条件で1週間前の航空券を購入するとなるとかなり割高です。

羽田―ホノルルのビジネスクラス往復の航空券を、1週間前に購入する場合の金額は512,910円でした。さらに、1日~2日前に購入する場合の金額は、796,810円でした。

この金額をわずか60000マイルで購入したことになります。1マイルあたりの価値を計算すると、8.55円~13.3円となります。凄い価値があります。実際は、数ヶ月前に購入すれば、300,000円くらいかと思いますので、1マイルあたりの価値は、約5円となります。

ビジネスクラスに乗る前提で考えれば、1マイルあたりの価値は本当に高いですね。

ビジネスクラスで行くハワイ一人旅の楽しみ方とは?

ビジネスクラスに乗って海外旅行に行くこと。自分の夢の1つを叶えるために、2016年10月から陸マイラーとして、ソラチカカードを活用したソラチカルートでANAマイルを貯めてきました。

実際に、今まで貯めてきたANAマイルでビジネスクラスの特典航空券を購入することができました。行き先はハワイです。超人気の路線です。

行き先と日程が決まってから、現地で何をするかを考えました。

ハワイと言っても、いくつかの島があります。オアフ島、ハワイ島、カウアイ島、マウイ島などなど。観光客がよく行くハワイの島々はこれら4つが有名です。

私は、今までに4回ハワイに行っています。4回全て、オアフ島に行きました。私は、以前までは買い物にほとんど興味が無かったので、オアフ島のワイキキやアラモアナショッピングセンターに行ってもあまり楽しめません。

なので、今回は今までのハワイ旅行とは違った楽しみ方をしようと思います。私が好きなのは自然を体験したり世界遺産を見ることです。そこで、ハワイの世界遺産を調べてみました。

ハワイの世界遺産「キラウエア火山」を見に行く

キラウエア火山ツアー

ハワイには世界遺産が2つありました。

1つ目は、ハワイ火山国立公園です。ハワイ火山国立公園はハワイにある火山一帯を中心にした世界遺産。この公園はハワイ島の約3%にあたる324.4km²を占めています。

ハワイ火山国立公園の中にあるのが、有名なキラウエア火山です。 キラウエア火山はハワイ先住民の聖地でもあり、ハワイで1番の人気観光スポットといっても過言ではありません。

キラウエア火山はなんと20年以上にわたって噴火をし続けています。また、世界で最も活発な火山であるにもかかわらず、最も安全に観察できる火山でもあります。

そしてもう1つは、パパハナウモクアケアです。

パパハナウモクアケアは2010年8月に登録されたハワイの新しい世界遺産です。

北西ハワイ諸島とその周辺に広がり、全長約1900kmにもおよぶ世界最大級の海洋保護区の1つであるパパハナウモクアケアは、残念ながら、一般人が立ち入ることはできません。1987年に登録されたハワイ島のハワイ火山国立公園に次いで、ハワイで2番目の世界遺産となります。

一般人が立ち入ることができないので、パパナウモクアケアは行けません。ですから、ハワイ火山国立公園のキラウエア火山に行くことに決めました。

さらに、ある人のブログで世界30カ国以上を旅してきて、その中でもハワイが一番好きになったと言う人の記事を拝見しました。世界一周をしてきた著者がなぜハワイを世界で一番好きになったのか?

実は筆者が世界で一番ハワイを好きになったのは、オアフ島ではなくてハワイ島とカウアイ島とのことでした。理由は、はやり自然です。ハワイ島とカウアイ島の自然の素晴らしさに魅せられたとのことです。

ぜひ私もハワイ島とカウアイ島に行ってみたいと思いました。実際に、5泊7日の日程でハワイ島とカウアイ島に行けるかどうか調べてみました。すると、ハワイ島は広すぎるので、5泊7日の5泊を全てハワイ島にしている人もいることが分かりました。

と言うことで、今回のビジネスクラスで行くハワイ5泊7日間の一人旅は、ハワイ島とオアフ島を楽しむことにしました。カウアイ島とマウイ島は次回の楽しみに取っておきます。

具体的な旅程を決めます。前半の3泊をハワイ島のコナで、後半の2泊をオアフ島のワイキキで過ごすことにしました。

ハワイ島の滞在先をコナにしたのは、参加する予定のオプショナルツアーのピックアップポイントがコナだったからです。ハワイ島には、コナ以外にヒロと言う大きな街があります。

参加するオプショナルツアーを選んで予約します。今回のツアーは自然と世界遺産を楽しむ目的があります。そこで、旅行の2日目にマウナケア山頂サンセットと星空観察のツアーに、3日目にキラウエア火山のオプショナルツアーに参加することにしました。

マウナケア星空観測

海外旅行のオプショナルツアーを調べたり予約することができる便利なサイトがあります。

ベルトラ(VELTRA)と言うサイトです。このサイトは本当に便利です。オプショナルツアーの詳細を調べることができますし、ランキングやレビューが充実しているのでたくさんのツアーの中から自分に合ったツアーを選ぶ時の判断にも役立ちます。もちろんクレジットカード決済なので、ポイントを貯めることができます。

さらにVELTRAは、ポイントサイト経由で申し込むとポイントをもらうことが出来ます。私がVELTRAで予約した時は、ポイントタウン経由の2.5%が一番還元率が高かったので、ポイントタウン経由で申し込みしました。

ハワイ島での3日間に何をするかが決まりました。後は、オアフ島の2日間をどう楽しむかです。ワイキキビーチでのんびり過ごしても良いのですが、ワイキキビーチは狭い上に人が多くてのんびりできそうにありません。

そこで、オアフ島では、グルメとショッピングとホテル滞在を楽しむことにしました。今までは、ハワイのショッピングにはあまり興味がありませんでした。そこで、最新のハワイ観光ガイドブックなどでいろいろと調べてみました。

調べてみてわかったのは、ワイケレアウトレットではブランド品が激安で売っている。カハラモールにあるホールフーズマーケットも人気。などなどです。

ハワイ島のオプショナルツアーが深夜までと長時間なので、オアフ島のワイキキ滞在は、風まかせでのんびり過ごすことにしました。もし時間が余っていて、行けたらワイケレアウトレットやアラモアナショッピングセンターに行く。

もう1つ大切なこと。日本では日課になっている運動です。もし時間があったら、現地のスポーツクラブで大好きな運動(ボディコンバット)をする。そんな感じにしました。

ビジネスクラスで行くハワイ1人旅ワイキキでのホテルはココ

ハワイでやる事が決まったので、次は泊まるホテルを決めて予約します。今回はビジネスクラスで行くハワイの旅です。ビジネスクラスにふさわしいホテルに泊まりたい。

ハワイで高級ホテルと言えば、カハラかトランプかアウラニかと思っていました。ところが調べてみて分かったのですが、2016年7月に新しく超有名な高級ホテルがオープンしていました。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチ

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチ

あのリッツカールトンがワイキキにオープンしていました!私は知りませんでした。以前からリッツカールトンに宿泊してみたいと思っていましたので、これは絶交のチャンスかと思いました。

調べてみると、2016年7月25日にオープンしていたのです。オープンしてからまだ1年も経っていません。ということは、ハワイの中で一番高級で新しいホテルと言うことになります。

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチはどこで申し込むのが一番お得か?

今回のビジネスクラスでハワイに行くと言う企画にふさわしいホテルです。さっそくワイキキのリッツカールトンを調べてみました。エクスペディアで検索してどのくらいの料金なのか?どこから予約すれば一番お得なのか?

どこのサイトからの予約が一番安くできるのか?まずは、トラベルコちゃん海外を使って検索してみました。検索結果で一番安かったのが、楽天トラベルです。さっそく楽天トラベルをポイントサイト経由でアクセスしてザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチの予約をしてみると、思わぬことが判明しました。

楽天トラベルの最終的な予約決済ページの詳細を確認してびっくりしました。トラベルコちゃん海外の検索結果に表示されていた金額よりもだいぶ高くなっていたのです。税金やサービス料が追加されていたのです。

それではと言うことで、普通にグーグルで検索して表示されるサイトを比較してみました。私が比較した結果では、JTBトラベルからの予約が一番安いという結果になりました。そこで、JTBトラベルからの予約を申しむことにしました。

陸マイラーとして必ずやるべき事は、インターネットで何か物を買う場合は必ずポイントサイト経由でポイントを付けることができないかどうかです。

調べる方法は簡単です。どのポイントサイトを経由するのが一番多くのポイントがもらえるのかを簡単に調べることができるサイト「どこ得」を使います。

今回の場合は、JTBトラベルを利用しますので、「どこ得」にアクセスして検索キーワード「JTBトラベル」で検索してみます。私が利用したサイトは正式には「JTBハワイトラベル」です。

検索してみると、私がよく利用しているポイントサイトのちょびリッチが2.5%と表示されました。ということで、今回は、ちょびリッチ経由でJTBトラベルハワイから、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチを予約することにしました。

部屋のタイプは、デラックス・ステューディオ・オーシャン・ビューです。おそらく一番安い部屋だと思います。1人で泊まることを考えると充分です。1泊の宿泊費は、ハワイ州税とホテル税込みで$546.18です。現在の為替レートで日本円に換算すると、62,129円です。

5月のハワイはオフシーズンなので62,129円は安いと思われます。しかし、ハレクラニやカハラやアウラニと比べるとザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチのほうが高額でした。

ちなみに、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチは全室オーシャンビューとなります。ただし、ホテルの立地が海から少し離れているので低層階でのオーシャンビューは期待できないとのことでした。

実は、ザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチの予約時に、表示された気になることがありました。ちょうど私がザ・リッツ・カールトン・レジデンス、ワイキキ・ビーチに滞在する日程で、プールがメンテナンスで使用できないとのことでした。承諾してからの予約申し込みとなっていました。

そうですよね。ハワイのリゾートに行って、プールが使えないってことが現地で知ったらショックですよね。でも私の場合は日程を変えることができないため泣く泣く承諾しました。あのリッツカールトンがどんな代替えのサービスをしてくれるのか今から楽しみです。

ビジネスクラスで行くハワイ1人旅のハワイ島の宿泊先はココ

ワイキキでの滞在ホテルが決まったので、次に決めるのはハワイ島での滞在先です。ハワイ島では、コナと言う街に滞在します。コナの中でどのホテルにするか?

最初は、ハワイ島でもリゾート気分を満喫するために、広大な敷地に充実したリゾート施設を有するホテルの、ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ ヒルトン・ホテルズ&リゾートにしようかと考えました。

しかし、ハワイ島に滞在している間の3日間のうち2日は深夜までオプショナルツアーに参加しています。充実したリゾート施設に滞在しても楽しむ時間がありません。どうせ寝るだけならコナの街中でレストランやABCストアやスタバなどに近い立地優先でホテルのほうが使いやすいのでは。

コナシーサイトホテルです。空港からも車で20分と近いところにあります。ABCストアやスタバにも近く、レストランやビーチも近くにあります。立地が良いわりに宿泊料金が安めなのでコスパがとても良いホテルです。

コナシーサイトホテルは、1泊およそ14000円です。このホテルに3泊します。コナシーサイトホテルの予約はどこのサイトが一番安いか調べてみました。調べた結果、コナシーサイドホテルの予約は、エクスペディアからの予約が一番安い事が分かりました。

そこで、陸マイラーとして恒例の「どこ得」の検索。エクスペディア利用はどのポイントサイトを経由するのが一番お得なのか?結果は、ポイント還元率が5.5%とGポイントが一番お得だったので、Gポイント経由でエクスペディアから予約することにしました。

オアフ島からハワイ島までの航空券の予約する方法とは?

さらにエクスペディアでホテルと同時に航空券を予約すると数%割引になるので、オアフ島からハワイ島への航空券もエクスペディアで予約購入することにしました。

オアフ島からハワイ島へのフライトは、ハワイアンエアラインにしようかと考えていました。しかし、私がオアフ島に到着する時間以降のフライトは、ハワイアンエアラインでは設定がありませんでした。そこで、調べた結果アイランドエアーという航空会社でちょうどいい時間のフライトがあることが分かりました。

ハワイアンエアラインもアイランドエアーも航空券の料金は片道1万円前後なので変わりません。気になったのは所要時間です。ハワイアンエアラインは約40分なのに、なぜかアイランドエアーは60分もかかります。不思議でしたが、60分なら長時間ではないのであまり気にしないで予約しました。

しかし後で分かったのですが、アイランドエアーの使用している飛行機はプロペラ機だったのです。所要時間20分の差はこれだったのです。

と言うことで、宿泊ホテルもオアフ島からハワイ島への航空券も無事に予約して購入することができました。

ビジネスクラスで行くハワイ1人旅で楽しむグルメとは?

航空券と宿泊するホテルが決まりました。次は、食事を決めます。

旅行の楽しみと言えばグルメですよね。私も、現地ならではの美味しい料理を食べたり、飲み物を楽しむことが大好きです。

今回のハワイ旅行でも、ハワイならではの美味しい食べ物や飲み物を楽しみたいと思います。現地ならでは美味しい食事を最大限に楽しむためには、事前の下調べが重要です。幸い最近ではインターネットのレビューなどの口コミ情報が多いので調べるのも簡単になりました。

インターネットの情報にプラスして、ハワイ好きの知り合いから借りたハワイ観光ブックを数冊でもグルメ情報を調べてみました。

まずはハワイ島のコナ滞在時の食事です。グーグルの検索で「ハワイ島 食事 絶対」と言うキーワードで検索してみます。すると、フォートラベル(4travel.jp)と言う、口コミ情報サイトがヒットしました。

フォートラベルは便利なサイトです。海外の食事情報がランキングやレビューと共に分かります。自分が滞在する地域で検索すれば人気のレストランがすぐに見つかります。

検索結果のランキングを見ると、まず1位はお菓子のお店でした。「ビッグアイランドキャンディーズ」。ビッグアイランドキャンディーズは、3日目にオプショナルツアーで行く予定なのでOKです。

ビッグアイランドキャンディーズ

2位以下を見ると、5位にババガンプシュリンプがありました。ハワイ島ならではという訳ではありませんが、ホテルから徒歩圏内なのと、レビューでロケーション波打ち際で最高とのことだったので、初日の夕食はここを予定します。

2日目と3日目の夕食は、オプショナルツアーでお弁当が出るのでそれで済ませます。2日目と3日目の朝食と昼食は現地で考えて決めようかと思います。詳しくは、2日目と3日目の記事で書きます。

続いて、ワイキキ滞在の食事です。インターネットの情報とお借りしたハワイ情報誌をチェックしていて気になったのが、ランチプレートを超えたステーキです。

ハイステーキというお店で、最近アラモアナショッピングセンター内にも支店ができたのとのこと。ランチプレートの価格でレストランのステーキ並みに美味しいと言う事なのでぜひ行ってみたいと思いました。

そして、月並みですが、有名なステーキのお店「ルースズクリス」。それと、最近人気が高まっているらしいカハラモール内のハンバーガーの「ザカウンター」。この2店もぜひ行こうと思いました。

ワイキキの人気ステーキ ルースズクリスを予約する方法とは?

ルースズクリス

ルースズクリスは人気店なので予約をしたほうが良いとのこと。リーズナブルなメニューがあるハッピーアワーの時間帯でも日本からネット予約が可能なアロハストリートにて予約しました。

予約のリクエストをしてから2日後に予約が取れたことを知らせるメールが届きました。無事に17時からの予約をすることができました。

それと、毎朝の朝食の前には、ホテル近くのスターバックスに行きます。毎朝スタバに行くのは日本にいても海外にいても同じ日課です。スタバについても、それぞれの記事に詳しく書きます。

ビジネスクラスで行くハワイ1人旅を楽しむためのアイテム 360度カメラ「RICOH THETA SC」

今回の、ビジネスクラスで行くハワイ5泊7日の1人旅で、最高の体験を思い出に残すべく最新のアイテムを手に入れました。

リコーの360度全天球カメラの「RICOH 360°カメラ RICOH THETA SC」です。

RICOH THETA SC

この360度カメラで、今回の旅行の素晴らしい自然の景色や、エキサイティングな体験を写真に収めようと買ってしまいました。

まずは、マウナケアの星空観測を全天球で写真に収めたい。ANAビジネスクラスのラウンジや機内のシートから360度のビューを納めたい。キラウエア火山も360度で。リッツカールトンワイキキの部屋も360度で納めたい。などなど、想像するだけでワクワクする企画だと思いませんか?

現地で撮った360度全天球の写真は、実際の写真と共にそれぞれの記事で紹介したいと思います。お楽しみに。

思い出すだけで書きたいことがどんどん溢れ出てきます。企画の記事はこのくらいにして、さっそく1日目の記事を書きたいと思います。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2017 All Rights Reserved.