サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

ANAカード 入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

しげぞう
WRITER
 
ANA機
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

ANAカードは種類がとても多くどのカードを所有するか悩みます。陸マイラーとして、どのANAカードを持てば速く大量の効率良くマイルを貯める事ができるのか?持つ価値があるANAカードは、どのポイントサイトから申し込めば良いのかを動画を交えて分かりやすく徹底的に解説します。

私は、数年前まではマイルを貯める方法はクレジットカード決済でもらえるマイルのみで貯めていました。なぜなら、飛行機にはあまり乗らないしその方法しか知らなかったからです。カード決済だけでマイルを貯めるのはとても時間がかかる方法です。

しかし、今ではポイントサイト経由でポイント案件をこなして効率よくマイルを貯めることができことを知り、あらゆる方法でマイルを効率よく貯めています。以前と比べて数倍のスピードでマイルが貯まっています。

私は現在、ANAのマイルを中心に貯めています。ANAマイルを貯めている陸マイラーさんにとって気になることは、どのANAカードを所有すれば出来るだけ効率良くマイルを貯めることができるのか?どこからANAカードを入会申し込みすれば一番多くマイルをもらうことができるのか?です。おそらくこの記事を読んでいるあなたもそうだと思います。

今回は、ANAカードを申し込む時にどのカードをどこで申し込めば最大限お得にマイルと貯めることができるのか動画を交えて分かりやすく徹底的に解説していきます。

もし、あなたがここで公開する方法でANAカードを申し込みして手に入れればスピーディで効率良くマイルを貯めることができます。私のように遠回りすることはないでしょう。

ソラチカカードは陸マイラーでマイルを貯めるなら最初に手に入れたい!

ソラチカカード

ソラチカカードは、陸マイラーとしてマイルを効率良くスピーディに貯めるのであれば最初に手に入れたいカードです。私自身も、ポイントサイト経由でマイルを貯める方法を知ってから最初に手に入れたクレジットカードです。

ソラチカカードが人気の理由は、ポイントサイトで貯めたポイントを最高の交換率でANAマイルに交換することができる唯一のカードだからです。

例えば、ポイントサイトで貯めたポイント10000ポイントは9000マイルに交換することができるのです。もし、クレジットカード決済でもらえるマイルで9000マイルを貯めるとなると、還元率が100円決済ごとに1マイルの場合は90,000円の決済が必要となります。

この破壊力ですから、ついに2016年12月に日本最大の経済誌「プレジデント」に活用方法が特集されてしまいました。

もし、ソラチカカードを持っていないで、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換する場合は交換率が下がります。例えば、ポイントサイトから直接ANAマイルに交換すると交換率は約28%となります。10000ポイントが2800マイルになってしまいます。

ポイントサイトからTポイントを経由してANAマイルに交換することもできます。その場合は、交換率が50%となるので、10000ポイントが5000マイルになってしまいます。やはり、ソラチカカードの90%は最強と言えるでしょう。

最初に手に入れたいソラチカカードですが、残念ながらポイントサイトでの扱いがありません。ポイントサイトでの扱いはありませんが、通常のANA入会キャンペーンでもらえるマイルにプラスして、ボーナスマイルがもらえる方法があります。この方法で申し込むと一番多くマイルがもらえます。

ソラチカカードの申し込みでお得に一番多くマイルをもらうには、以下のサイトから申し込んでください。

ソラチカカード入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

ANA VISA ワイドゴールド

ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカードは、陸マイラーとして再スタートした私が2枚目に手に入れたカードです。現在はメインカードとして主にクレジットカード決済に使用しています。

なぜ、ANA VISA ワイドゴールドカードをメインカードとして使っているのか?

理由は簡単です。ポイント還元率が最高の1.71%だからです。JALマイルを貯めていた時に使用していたJALカードのポイント還元率は、1.0%です。1.0%は通常の還元率です。

例えば、年間100万円を決済したとして1万マイルしか貯まりません。ところが、ANA VISA ワイドゴールドカードですと100万円の決済に対して最大で1万7100マイルも貯まるわけです。かなり高い還元率と言うことになります。

1.71%の高還元率を実現させるANA VISA ワイドゴールドカードですが、残念ながらポイントサイトでの扱いがありません。ANA入会キャンペーンでもらえるマイルにプラスして、ボーナスマイルをもらえる方法があります。この方法で申し込むとマイルが一番多くもらうことができます。

ANA VISA ワイドゴールドカードの申し込みで一番多くマイルをもらうには、以下サイトより申し込んでください。

ANA VISA ワイドゴールドカード 入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA アメックスゴールドカードは、アメックスゴールドカードの付帯サービスをほとんど受けられて、さらにANAワイドゴールドカードの付帯サービスも受けられるカードとなっています。

ANA アメックスゴールドカードは、ANA機に搭乗してANAマイルを貯める空マイラーにとっては大変お得なカードとなっています。なぜなら、ANAグループの航空券を購入する際に、ANA アメリカンエクスプレスゴールドカードで決済すると通常の100円で1マイルにプラスしてボーナスマイル2マイルで合計3マイルも貯まります。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはどのポイントサイトを経由するのが一番お得か調べてみました。以下の表を参考にしてください。

ポイントサイト ポイント 金額換算 ANAマイル
ハピタス 2000 2000 1800
ちょびリッチ 4000 2000 1800
ポイントタウン 40000 2000 1800
ポイントハンター 2000 2000 1800

本日、調べたところによりますと、どのポイントサイトから申し込んでも同じ2000ポイントと言う結果となりました。

実は、これらのポイントサイトから申し込むよりも、もっとお得にマイルが貯まる方法があります。以下の記事をご覧ください。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの入会は最大限お得な以下のページより申し込みすることができます。

ANA アメックスゴールドカード 入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

ANA ダイナースカード

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードは、ANAとダイナースクラブが提携したカードです。ダイナースカードで得られるメリットとANAカードのメリットの両方が同時に得られるカードです。

年会費は、29,160円(税込)と高額ですが、ダイナースのグルメ、トラベル、エンターテイメントなどのサービスが充実しています。さらに、ANAマイルへ移行できるポイントを無期限、無制限で貯めることができます。また貯めたポイントを無料でマイルに交換することができます。

ANA ダイナースカードの入会は、どのポイントサイトからの申し込みがお得か比較してみました。

ポイントサイト ポイント 金額換算 ANAマイル
ちょびリッチ 15000 7500 6750
Gポイント 5400 5400 4860
ハピタス 5000 5000 4500
GetMoney! 5000 5000 4500

現在、ANA ダイナースカードの申し込みは、ちょびリッチからの申し込みが一番お得という結果になりました。

ANA ダイナースカードをちょびリッチで申し込む方法は簡単です。以下の2つのステップを進むだけです。

1.ちょびリッチに登録する

ちょびリッチの登録は以下をクリックして登録してください。
ちょびリッチ

2.ちょびリッチを経由してANA ダイナースカードを申し込む

ちょびリッチ経由でANA ダイナースカードを申し込みは以下をクリックして申し込んでください。
ちょびリッチ

ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suica カード
ANA VISA Suicaカードは、私がANAマイルをメインに貯め始めてからPASMO付属のOPカードから乗り換えたカードです。OPカードですと、100円決済に対して0.5ポイントしか還元されません。ANA VISA Suicaカードの場合は、10マイルコースを選べば100円決済して1マイル貯まります。

私は、電車の移動が多いのでSuicaまたはPASMOを1ヶ月に2万円くらい利用します。年間で24万円です。100円で1マイル貯まるとすると、24万円で2400マイルも貯まることになります。

OPカードのままですと1200円しかもらえなかったので切り替えて良かったと思います。(ただし、10マイルコースを選ぶとマイル移行手数料が年間6480円かかります。)

ANA VISA Suicaカードは死蔵カードとしても有名です。死蔵カードとは、持っているだけで決済など使わなくても価値があるカードのことです。

次年へ継続で1000マイルもらえます。仮に電車に乗らなかったとしても、ANAマイルを貯めている陸マイラーにとっては、持たない理由がないカードと言えるでしょう。

ANA VISA Suicaカードは、どのポイントサイトを経由するのが一番お得か調べてみました。以下の表を参考にしてください。

ポイントサイト ポイント 金額換算 ANAマイル
ポイントタウン 6000 6000 5400
ちょびリッチ 6500 3250 2925
.money 2550 2550 2295
Gポイント 2100 2100 1890
ハピタス 2000 2000 1800
Pex 2000 2000 1800

現在、ANA VISA Suicaカードの申し込みは、ポイントタウンからの申し込みが一番お得という結果になりました。

ANA VISA Suicaカードをポイントタウンで申し込む方法は簡単です。

1.ポイントタウンに登録する

ポイントタウンの登録は以下をクリックして登録してください。
ポイントタウン

2.ポイントタウンを経由してANA VISA Suicaカードを申し込む

ポイントタウン経由でANA VISA Suicaカードを申し込むには以下をクリックして申し込んでください。
ポイントタウン

さらに、ANA VISA Suicaカードへの新規入会でもっとマイルをもらえる方法があります。ポイントサイト経由でもらえるポイントにプラスしてボーナスマイルがもらえます。一番お得な申し込みは以下のページより申し込むことができます。

ANA VISA Suica カード 入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

さらに、ANA カードに新規入会する場合に最大限お得にマイルを貯めるには、以下で解説する3つの方法でマイルをもらうことができます。

ANAカードに新規入会で一番マイルを多くもうらう方法とは?

①ANAカード入会キャンペーンで最大限マイルをもらう

ANAが開催しているANAカード入会キャンペーン2017は、カードの種類ごとにキャンペーンをおこなっています。キャンペーンの期間は、2017年1月16日(月)から2017年4月30日(日)入会受付分までとなっています。

ANAダイナースカード入会キャンペーンの場合は、ANAダイナースカードに新規入会して各種の条件を達成すると最大で53,500マイルをもらうことができます。

ANA JCBカード入会キャンペーンの場合は、ANA JCBカードに新規で入会または切り替えをすれば、キャンペーンに参加登録して最大で24,000マイル相当をもらうことができます。

ANA VISAカード新規入会キャンペーンの場合は、ANA VISAカードに新規で入会して各種の条件を達成すると最大で66,500マイルもらうことができます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード 新規入会キャンペーンは、入会と2カ月間のご利用で合計最大で23,000マイル相当をもらうことができます。

②ANA VISAカードの申込みはマイ友プログラムでさらにマイルをもらう

マイ友プログラムは、ANAマイレージクラブ会員の方から紹介を受けて対象のANAカードに入会すると入会者と紹介者それぞれにボーナスマイルがもらえるお得なプログラムです。マイ友プログラムは、ANAカード入会キャンペーンでもらえるボーナスマイル以外にプラスしてもらえるボーナスマイルです。

利用方法は簡単です。以下の3ステップを進むだけです。

ステップ1 紹介番号と登録用URLをゲット

紹介者から紹介番号と登録用URLを教えてもらいます。このサイトからもご紹介することができます。以下が紹介番号と登録用URLです。

申込者情報登録用URL
https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/mgm/regist/
紹介番号 00009337
紹介者名 オブチ シゲミ

ステップ2 マイ友プログラムに登録する

上記のURLをクリックして表示されたページより登録してください。

ステップ3 対象のANAカードを申し込む

マイ友プログラム対象のANAカードに申し込みます。

入会カードの種類ごとに以下のボーナスマイルをもらうことができます。
マイ友プログラム

③ANA カード申し込みはポイントサイト経由が最大にお得

ANAカードを新規で発行する場合、ポイントサイトを経由して申し込みすればさらにポイントをもうことができます。ただし、ANAカードの種類によってはポイントサイトでの扱いがないカードもあります。

例えば、ソラチカカードやANA VISA ワイドゴールドカードはポイントサイトでの扱いがありません。先ほどソラチカカードの項目でお伝えしましたがソラチカカードの申込みで一番得をする方法はマイ友プログラムに登録して申し込むのが一番マイルを多くもらうことができます。以下の記事に詳しく書きましたので参考にしてください。

ソラチカカード入会でお得なキャンペーンとポイントサイトの比較

ポイントサイトを経由してもらえるポイントは、ANAが開催している入会キャンペーンでもらえるボーナスマイルとは別にもらうことができます。

ポイントは、ソラチカカードを利用したソラチカルートによりマイルに交換することができます。つまり、入会キャンペーンにプラスして2重でマイルをもらうことができるのです。もらわない理由はありません。

ANAカードの種類によってもらえるポイントは変わってきますし、ポイントサイトのほうで独自に行っている期間限定キャンペーンに乗れればさらに多くのポイントをもらうことができます。

ポイントサイト経由で申し込みしてもらえるポイントは、通常でだいたい1000ポイントから8000ポイントです。ソラチカルートでマイルに交換すると900マイルから7200マイルになります。もらわない手はありません。

90%の交換率でポイントを交換できるおすすめのポイントサイト以下の通りです。私もこれらのポイントサイトをフルに活用しています。各ポイントサイトへの登録は以下のポイントサイト名をクリックすれば簡単にできます。

ハピタス
ちょびリッチ
ポイントタウン
Gポイント
Getmoney
PeX
.money

この7つのポイントサイトは、あなたがマイルを大量に貯めるためには必要なポイントサイトです。この7つのポイントサイトへの登録をしておいてください。

まとめ

ANAカードは種類が多く、どのカードを所有するのか迷います。あなたの目的に合わせてANAカードを申し込んでください。陸マイラーとしてスピーディに大量のマイルを貯めるのであれば、ソラチカーカードやANA VISA ワイドゴールドカードがおすすめです。

空マイラーとして飛行機に搭乗する機会が多い場合は、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめです。

マイルを効率良く貯めながら、グルメやトラベルなどを最大限楽しみたい方は、ANAダイナースカードがおすすめです。

ANAカードに新規入会する場合は、今回の記事でご案内した以下の3つの方法でできるだけ多くマイルをもらうようにしましょう。ANA入会キャンペーン、マイ友プログラム、ポイントサイト経由の3つです。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2017 All Rights Reserved.