サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

副業解禁のメリットとおすすめのビジネスを徹底解説

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

副業解禁2019年4月1日

4月1日に副業解禁と言われています。2018年は副業解禁元年と言われましたが、世の中で騒がれているほど副業が浸透しているようではないようです。

そこで政府は働き方改革実行計画を見直して改定します。2019年は本当に副業解禁元年になるのでしょうか?

今回の改革内容を簡単に説明すると、より残業がしにくくなります。残業を規制するような動きなのです。そして、副業・兼業のガイドラインを制定して副業・兼業を推進する方向なのです。

すでに副業を解禁している企業もあります。例えばロート製薬や新生銀行などです。地方自治体でも広島県福山市た副業の受け入れ先として全国から募集したところ1名の枠に対して数百人の応募があったそうです。

今後は、益々副業を解禁にする企業や地方自治体が増えていくでしょう。

副業を解禁することによって働く人側と企業の双方にメリットがあります。それぞれのメリットとデメリットを見ていきます。

副業解禁における働く人のメリット

働く人のメリットはまず収入が増加することです。これが一番の目的でしょう。なぜなら、勤めていても給料やボーナスが増えないからです。

生活するにも住宅ローンを払うにもお金が必要なのです。しかし、会社に勤めていて働いていても給料が増えません。他の事をしてお金を稼ぐしかないのです。だから副業が必要なのです。

副業のメリットとして、スキルアップや知識が増えることが挙げられます。本業の他に副業をやることによって、本業だけでは得られない貴重な体験や経験ができるのです。

さらには、副業をすることによって、今までやりたくてもできなかったことにチャンレジするきっかけにすることもできます。

会社に勤めていると、やりたいことや起業は中々できません。しかし、この働き方改革で副業解禁になれば、残業が減って副業が認められますので起業に挑戦する背景は整うことになります。あとは自分のやる気しだいなのです。

副業解禁における企業のメリット

次に企業側のメリットを見ていきます。

まず、従業員が副業をすることによって新しいスキや知識を習得することです。副業から得た新しいスキルや知識を本業に活かしてもらうことを期待しているのです。

そうすることで、本業でもさらに高いパフォーマンス生産性を実現して欲しいという期待をしているのです。

そして、従業員が副業をすることによって得る新しい情報や人脈を本業に活かしてもらうことです。先ほどのスキルアップもそうなのですがこの新しい情報や人脈も、何か従業員まかせの他力本願的な考え方のように感じます。

そのような考え方で本当にいいのでしょうか?今までは副業を禁止していたはずですが、景気が悪くて給料を上げられない、だから副業を解禁にする。副業からの恩恵にもあずかりたい。なんか都合が良すぎませんか?この考えは。

最後に、定着率の向上です。これはわかります。

はじめかた、本業をすっぱりやめて副業1本でやっていくのはかなりリスクがあります。本業を続けながら、副業を始める。副業はやりたい事にチャレンジする起業をして将来に大きく育つ可能性を目指す。これがこれからの時代の働き方なのかもしれません。

それでは次に働く人、企業それぞれのデメリットをみてきましょう。

副業解禁で働く人のデメリットとは?

まず、懸念されるのが労働時間が増えることです。

広告代理店業の過労死や自殺のニュースが世間を騒がせましたが、長時間労働は命が危険にさらされることもあります。

本業も時間で働く、副業も時給で働くとなるとどうしても長時間労働になってしまいます。自分の持っている貴重な時間を切り売りしているわけですから。

長時間働くとなると、健康管理の問題があります。最悪で過労死です。しかし、現在の法律では副業による長時間労働で過労死した場合の保証はほとんどありません。

副業解禁で企業のデメリット

副業解禁で企業側にもデメリットがあります。

情報漏洩です。特に、副業に同じような業種を選ばれてしまったら情報漏洩の心配はあるでしょう。これらを防ぐために、副業をやるにしても企業独自のルールを決めて情報漏洩などを防いでいるようです。

副業についての意識調査の結果

エンジャパンが正社員5000人を対象に調査した結果では、正社員の88%が副業の興味ありとの回答だったそうです。

そして33%がすでに副業を経験していたそうです。

しかし、政府や企業の思惑とは裏腹に、副業の内容はアルバイト(接客、販売、サービス)、アンケートモニター、ポイントサイト、ネットオークション、フリマサイトがほとんどだったそうです。

これらの副業では、スキルアップや自己実現とはほとんど関係ありません。

副業のメリットにスキルアップや知識増とありましたが、実際の副業の内容を見ると程遠いようです。副業をする目的は、収入アップだからです。

おすすめの副業とは?

そこで、おすすめの副業を考えてみました。

まず、時間労働ではないこと。これは重要です。副業のデメリットで一番心配なのが長時間労働によって健康が損なわれることだからです。

そして、場所にとらわれないこと。これも重要です。なぜなら、先ほどの話にも繋がりますが、私たち人間にとって時間は貴重な資源です。

本業で働いて来て、副業に行くのにまた通勤でどこかに移動しなければならないのは時間がもったいないからです。交通費もかかってしまいます。

さらには、スキルアップできること。これも重要です。副業は、自分のやりたかった事をチャレジンスする形でスタートして軌道に乗せられれば、本業を止めて副業の事業1本にできるからです。つまり独立です。

独立する時に役立つのがスキルや知識です。ですから、スキルアップや自己実現は副業には欠かせない要素なのです。

まとめると、おすすめの副業は、時間や場所にとらわれないでスキルアップや自己実現ができる副業になります。

具体的に私がおすすめしたいのは、インターネットを活用したスモールビジネスです。さらに言えば、自分の強みや得意分の知識やスキルを教える副業です。

情報発信
コンテンツ販売
電子書籍
アフィリエイト

このあたりでしょうか。副業について様々な考え方があると思います。これらはあくまでも私の経験で思ったおすすめの副業です。

できそうなもの、やりたかったことからチャレンジしていただければと思います。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.