サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

アジア4ヵ国5都市を巡る11日間の旅 4日目 ホーチミンでベトナム料理レストラン「ホアトゥック」と格安マッサージを満喫

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

タンソンニャット国際空港からホーチミン市内への移動で絶対に失敗しないタクシーの選び方と乗り方

ハノイから2時間。ホーチミンに到着しました。ホーチミンの空港はタンソンニャット国際空港です。

タンソンニャット国際空港からホーチミン市内へ移動します。ベトナムはまだ電車や地下鉄がありません。ですから、移動はタクシーかバスになります。

ハノイでは、市内への移動はバスを利用しました。とにかく格安でした。

ホーチミンではタクシーを利用します。なぜなら、タンソンニャット国際空港からホーチミン市内はわりと近いのでタクシー料金が高くありません。そもそも、ベトナムのタクシー料金は安いのです。

ただし、タクシーの移動には気を付けなければならないことがあります。

ボッタクリ被害にあうことです。アジアの国々では未だにあるのです。メーターを動作させない。とか、行き先を言うと交渉とか、高額紙幣で支払おうとするとお釣りがなとなどなど。

ここは気をつけましょう。具体的にどう気を付ければいいのか?

簡単です。信頼できるタクシー会社のタクシーを選んでください。

ホーチミンの移動でおすすめのタクシーは、ビナサン(Vinasun)とマイリン(Mai Linh)です。

車体のカラーは検索して調べておいてください。

空港からホーチミン市内までの乗車料金は、約15万ベトナムドンです。日本円にすると約750円です。安いですね。

タクシー乗り場は、空港到着フロアの出口を出て左手にタクシースタンドがあります。色々な会社のタクシーが並んでいます。順番がお目当てのタクシーですとラッキーです。

僕の場合は運良く、マイリン(Mai Linh)タクシーでした。安心して乗れます。念のために、乗車してから「メーターですか?」と確認しました。

もしどうしてもビナサン(Vinasun)タクシーに乗りたけば、出発フロアに行って専用のタクシースタンドがあるらしくそこから乗れば確実にビナサン(Vinasun)に乗れるとのこと。僕は探しましたがわかりませんでした。

ベトナム ホーチミンの滞在ホテル「アヴァンティ ホテル」

ホーチミンでの滞在先ホテルのアヴァンティ ホテルに到着しました。さっそくチェックインの手続きをします。

同じベトナムなのですが、ハノイとホーチミンでは全てが違っています。街並みも全く違います。

ハノイはローカルな雰囲気たっぷりなのですが、ホーチミンは都会です。

そしてホテルのフロントのスタッフの対応もなぜか違います。ハノイのホテルは笑顔でとてもフレンドリーだったのですが、ホーチミンのフロントスタッフはわりと事務的です。笑顔がありませんでした。

逆に共通しているのは、宿泊料金が安いこと。そして朝食が付いていることです。

こちらのアバンティホテルの宿泊料金は、2泊で約10500円です。1泊5000円ちょっとです。安いですよね。

こちらのホテルのローケーションは、1区という場所でわりと良いです。

ホテルの目の前がベンタン市場があって、外国人観光客の方たちでにぎわっています。

さらに、ホーチミン市内の主要な観光スポットへも歩いて行ける距離にあります。そう言う意味では、こちらのアバンティホテルはおすすめです。

ホーチミン市内で両替するならお得なレートの両替所はこちら

ハノイで両替したベトナムドンが残り少なくなってきているので、まずは両替をしに行きます。

滞在先のアバンティホテルがある1区付近で一番お得な両替所を調べてみました。すると、ベンタン市場の向かいにある両替所の1つが割と良いレートだということがわかりました。

歩いて直ぐのところにありますので、早速行ってみました。お店の位置が、グーグルマップと少しずれていましたが店名が同じでしたので、ここで両替をしました。

両替が済んだので、付近を散策しに行きました。

ベトナム ホーチミン1区の街並みと様子

1区は観光客が多いのか、レストラン、食事処、コンビニ、スーパーマーケット、マッサージ屋、カフェなどがたくさんあります。

そしてとにかくバイクが多いです。バイクの9割はHONDAのスクーターです。スクーターと言っても、排気量は50㏄ではなくもっと大きいです。

そして、そのスクーターに2人乗りは当たり前。3人乗り、4人乗りをして移動するのです。

歩道を歩いていれば安心?いいえ危険です。歩道でも平気でバイクが走っています。日本のように歩行者が保護される様子はないです。

道路を横断する時でも、青信号で歩道を渡る時でも、気を緩めるとひかれそうになります。

アジアではたいていはこのような道路事情なのですが、このベトナムは別格です。おそらく、ホーチミンで歩行者ができれば、他のどの国に行っても大丈夫です。そのくらいホーチミンの歩行者はコツと勇気が必要なのです(笑)

ベトナム ホーチミンで格安マッサージを満喫

さっそく、ホーチミンでベトナムのマッサージを受けようマッサージ屋さん3軒をのぞいてみました。その中で一番安かったお店に入りました。

マッサージの料金は、60分で450000ベトナムドンです。チップ込みです。日本円にすると約2250円です。ハノイよりは少し高いですね。

マッサージの後半は、ホットストーンのマッサージでした。ホットストーンは初めて受けました。体がポカポカ暖まりますが、そもそもホーチミンは気温が暑いのです。35度から36度はありますので、ホットストーンはどうなのでしょうか?

暑い国だからホットストーンは良いのでしょうか?

マッサージが終わってから、また街の中を歩いて散策しました。

ホーチミン人民委員会庁舎とホーチミン大統領像

滞在しているアバンティホテルから歩いて5分くらいのところにホーチミン人民委員会庁舎とホーチミン大統領像がありました。

最初は何があるのか分からなかったのですが、ライトアップがきれいで観光客らしく人たちが写真を撮っていたので、おそらく観光スポットなのだろうと思いました。

ホテルに戻ってグーグルマップで調べてわかりました。ホーチミン人民委員会庁舎とホーチミン大統領像だったのです。

ベトナム  ホーチミン レタントン通り ベトナム料理レストラン「ホアトゥック(Hoa Tuc Saigon)」

夕食は、せっかくベトナムに来たのだからベトナム料理が食べたかったので有名な「ホアトゥック(Hoa Tuc Saigon)」に行きました。

こちらのホアトゥック(Hoa Tuc Saigon)は、食べログの評価が3.55とかなり高め。トリップアドバイザーやベトナムナビにも紹介されているお店です。

ビールのつまみにピッタリのアサリのレモン蒸しとバインセオを注文しました。このバインセオがたビールのつまみにピッタリの味で大満足でした。

ということで、ホーチミンの長い1日目が終わりました。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.