サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

情報発信で不労所得を毎月30万円稼ぐ方法 ブログから毎月30万円の不労所得

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

資産ブログを作って毎月30万円の不労所得

インターネットビジネスと言っても様々な種類のビジネスがあります。有名なところでアフィリエトがあります。情報商材、アドセンス、ユーチューブの広告収入、ネットショップ運営などなど、多種多様です。

様々な種類のインターネットビジネスの中で、私が今回お勧めするビジネスの1つが資産ブログです。

なぜ私が、資産ブログを勧めるのか?まずは理由からお話します。

私は、自分が運営しているブログから毎月30万円の不労所得を稼いでいます。少ない月は25万円くらいで、多い月は45万円になります。平均しておよそ30万円を毎月得ています。年間で360万円になります。このようなブログを資産ブログと呼びます。

私は現在、資産ブログを1つ持っています。そして、2つ目と3つ目を製作中です。

もし、2つ目、3つ目のブログも1つ目のブログと同じくらいの売上を上げることができれば、年間で720万円から1080万円の不労所得を得ることができるのです。

これほどの金額を稼げるビジネスであれば、やってみる価値はあります。

資産ブログは、1度構築して起動に乗せることができれば、毎月自動的にお金を稼いでくれます。なので、資産ブログと呼んでいます。インターネット上に、ブログという形で所有する資産になるのです。

私がインターネットビジネスの中でも資産ブログを勧める理由は、大きく2つあります。

1つは、年間で1千万円以上も不労所得で稼げる可能性があること。もう1つは、1度作ってしまえば、何もしなくてもほったらかしで不労所得が稼げる資産になるからです。

金持ち父さん貧乏父さんを読んで影響を受けた人にとっては、とても魅力的なビジネスになるかと思います。私も、金持ち父さん貧乏父さんを読んだことがきっかけで、ラットレースを脱出したいと思いました。

ラットレースを脱出するためには、不労所得を生み出す資産を持つことが必須となります。ロバートキヨサキが金持ち父さん貧乏父さんの中で言っている資産とは、自分のポケットにお金を入れてくれる物です。

例えば、賃貸用の不動産です。人に貸せば家賃収入が不労所得で得られるわけです。しかし、不動産を手に入れるにはそれなりの資金が必要です。スルガ銀行の不正融資問題で、投資用の不動産への融資はかなり厳しくなってきています。

資産ブログのメリットとデメリット

資産ブログの良いところは、資金がほとんどかからないことです。

資産ブログは、主にwordpressで作ります。wordpress自体は無料で利用できますが、テンプレートのテーマは有料の物を使ったほうが良いです。その他にかかる費用としては、独自ドメインを取得するための費用とサーバー代だけです。

テーマはだいたい1万円前後です。ドメイン取得費用は、千円前後で、レンタルサーバー代は月500円から千円くらいです。合計で数万円くらいです。数万円でスタートできるビジネスは中々ありません。

逆に、資産ブログのデメリットは、時間がかかることと労力がかかることです。

資産ブログの場合は、最低でも記事を100記事は書く必要あります。100記事書く労力と新規ドメインをグーグルが評価するのにかかる期間が6ヶ月は必要です。

100記事と6ヶ月。この2つの壁を乗り越えられれば、資産ブログはあなたの強い味方になります。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2018 All Rights Reserved.