サラリーマンが短期間でラットレースを脱出した方法

ANA ビジネスクラス 搭乗記 羽田からハノイ NH857便 B787-9 機内食とシートとアメニティを徹底解説

しげぞう
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

絶対にオススメ!特典航空券はストップオーバーとトランジットを駆使して最大限に楽しむ!

2019年4月14日から24日まで、10泊11日間の海外旅行に行ってきました。

アジア4カ国5都市を周る1人旅です。しばらくは旅のレポートを書いていきます。

前回の1人旅の反省点の1つに、「もっと写真をたくさん撮る」というのがあったのですが、今回もあまりたくさんの数を取れませんでした。理由は、動画を撮影していたからです。

動画を撮影しながらでも、スマホのカメラで撮りたい時に写真を撮れるような対策を考えなくてはなりませんね。

今回の1人旅の目的は、事前に様々な目的を明確にしておきました。ベストセラー「アウトプット大全」の著者である樺沢さんのセミナーに参加したときに、インプットの大切さをお話されていました。

インプットで重要なポイントの1つに「アウトプット前提のインプット」とのことです。これが奥義だそうです。ですので今回の1人旅は、多くの目的と目標を設定しています。

1人旅全体の目的の1つは「貯めたマイレージでビジネスクラスの特典航空券に交換して、ストップオーバー(途中降機)とトランジット(乗り継ぎ)を最大限に生かして多数の国と都市を周る」と言うのがありました。

ですので、今回の旅行の旅程は、東京→ハノイ→ホーチミン→バンコク→台北→ソウル→東京の順番で、4カ国5都市を周ります。自分で計画しておいても、これって凄いなーって思います。

なぜなら、これだけ周っても、必要マイル数は東京⇔バンコクの往復で必要なマイルだけなのです。ANAのマイル数で言えば、ビジネスクラスで63000マイルのみです。

これってお得過ぎますよね?

本当は、世界一周券のほうがお得なのですが、世界一周は来年以降に計画します。

羽田空港 ANAビジネスクラスラウンジ

羽田空港のANAビジネスクラスのラウンジですが、残念ながら入り口や受付の写真が撮れていませんでした。ビデオカメラを右手に持って回していたからです。

近いうちに動画をYouTubeにアップします。

搭乗する便の出発時刻が8時55分と朝早かったせいなのか、ラウンジも混んでいました。

この羽田空港のラウンジは、どの国のラウンジと比較しても、キレイで食事も充実しているのが嬉しいです。

羽田空港 ANAラウンジの食事と飲み物

すみません!食事と飲み物の写真はコレしか撮っていませんでした。

安定の美味しさの鶏のから揚げとポテトフライとサラダとスクランブルエッグ、そして名物?カレーライス。このカレーがかなり旨いのです。

ビールはスーパードライです。生ビールが飲み放題なので、つい飲み過ぎてしまうのですが、今回は時間帯がまだ朝早かったので1杯だけにしておきました(笑)

カレーライスの上に少し見える、青と赤と白の物体はチョコレートです。このチョコレートが美味しいのです。3種類を2組みはもらっていきます。

このチョコレートはラウンジでは食べません。旅のお供にして、小腹が空いた時に食べるのがちょうそいいのです。余ればお土産にもできます。オススメです。

食事を済ませて、コーヒーを飲みながらのんびりしているとすぐに搭乗時刻になりました。搭乗口に移動します。

ANAビジネスクラス NH857便の座席 お気に入りのフルフラットシート

ANAビジネスクラスの好きなところの1つは、長距離移動も快適なフルフラットシートです。

今回もB787-9のスタッガード配列のフルフラットシートです。特典航空券を購入するときに、わざわざこの機材の便を選びます。

座席の位置は、7Aです。後ろのほうの位置ですが、横幅が広めでゆったりです。前過ぎると足元が少し狭い気がしています。

座席7Aからの窓の外も載せておきます。少しエンジンに近いですね。

ANAビジネスクラス NH857便のアメニティ

ANA NH857便 ビジネスクラスのアメニティをレポートしようとしたのですが、ポーチがありませんでした。朝発の便にはポーチがないのでしょうか?謎です。

座席に置いてあった物は、ヘッドホンとスリッパだけでした。

いつもグッズです。

海外のホテルの部屋には、靴べらがありません。いつもこのスリッパに付属している水色の簡易的な靴べらを持って行こうと思うのですが、今回も忘れてしまいました。

ANAビジネスクラス NH857便のウェルカムドリンク

座席に座ってすぐに提供されるウェルカムドリンクです。

スパークリングワインと言っていました。いつものシェンパンではないのですね。でも味はシャンパンと同じです。グラスは残念ながらプラスチックです。ガラスのグラスの時もあるのですがどのように区別しているのか?わかりません。

この写真が撮りたいために、iPhoneの片手撮影用のボタンが付いている特殊なケースを購入したのです。別の記事で詳しくレポートします。どうですか良く撮れているでしょ?(笑)

ANAビジネスクラス NH857便の食事と飲み物のメニュー

ビジネスクラスに搭乗する楽しみの1つは食事と飲み物です。食事はグレードアップしているし、飲み物の種類が豊富です。

しかし、楽しみにしていた食事のメインメニューがまさかの鶏肉だったのです。和食と洋食のどちらかを選べます。和食のメインは魚だったので、洋食を選びました。

朝の時間帯の食事は、メインのメニューが牛肉ではないのですね!

ANAビジネスクラスの食事で嬉しいのが、メインの食事の後であればいつでもオーダーできる軽食メニューが充実していること。

しかし、前回食べて美味しかった一風堂のラーメンがありません!まあ、あってもお腹がいっぱいで食べれませんでしたが。なので、到着の直前にハーゲンダッツのアイスクリームを頂きました。

ANAビジネスクラス NH857便の食事と飲み物

これが今回の食事です。朝食らしいメニューです。

この中で、特に美味しかったのがアペタイザーのトーストビーフとビーツのサラダです。このローストビーフが柔らかくてとにかく旨い!おかわりをしたくなる逸品です。

それと、メインデッシュの地鶏グリルの下に配置してありました、ワイルドライスとサフランライスがとても美味しかったです。シャキッとした歯ごたえが印象的です。

僕は食事の時はたいていはビールをいただきます。ビールが好きだからです。周りのお客さんを見ているとワインを飲んでいる人が多いです。しかも、ワインを飲んでいる人の特徴は何度もおかわりをしています。

ビールですが、一番大好きな銘柄はエビスビールです。がしかし、ANAにはエビスビールがありません。しかたがないので、プレミアムモルツをいただきます。ちなみにJALでしたらエビスビールがあります。

食後のコーヒーにはチョコレートが付属しています。気のきいたおもてなしです。

ANAビジネスクラス NH857便のエンターテイメント

映画を観るのが好きなので機内でも映画を観るのですが、ビジネスクラスの大型モニターでも画質はあまりよくありません。

機内で先取りの映画を見たとしても、観たい映画は再度amazon primeビデオやネットフリックスでレンタルして観る場合が多いです。

今回は、ただのアクションSF映画ではなくてストーリー性が話題の「バンブルビー」を観ました。中々面白かったです。

映画を1本観ているうちにハノイに到着しました。

 

【動画プレゼント】
毎月30万の不労所得を得てラットレースを脱出する方法
~AI時代で勝ち組になる最強戦略~



このセミナー動画では、資金なしスキルなし人脈なしの普通のサラリーマンだった私が

  • 今の時代に確実に不労所得が得る方法
  • 不労所得を量産する具体的な戦略
  • これからの時代で必ず流行るビジネス
  • 絶対に手を出してはいけないビジネス
  • AI大失業時代にやるべき3つの行動

などについて、約54分のセミナー動画で詳しく解説しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
しげぞう
金持ち父さん貧乏父さんをきっかけに起業してセミリタイアした元普通のサラリーマンです。ラットレースを脱出するための不労所得を得る方法を公開しています。あなたも社畜やめませんか?
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© 不労所得でセミリタイア , 2019 All Rights Reserved.